デトックスのスタンダード岩盤浴のメカニズム

良質なデトックスとして、岩盤浴は有名ですね。
ホットヨガやゲルマニウム温浴など、基本的に発汗を促すデトックスは、すっきりとすることもあり、リラックス出来ることもあり、女性を中心に非常に人気です。

しかしながら、イマイチ本当に解毒効果があるのか信ぴょう性に欠けるという方もいらっしゃることでしょう。
ここでは、代表的なデトックスである岩盤浴のメカニズムを紹介していきましょう。

岩盤浴のメカニズム

岩盤浴は、お湯を利用しない温泉とも呼ばれています。
そのお店によって、温度は違っていますが、温かい~暑いの中間くらいの温度の石の上に横たわっているだけで、肉体の毒素が発汗によって排出されると言われています。

温度に関しては、同じような形態であるサウナと比較しても、温度は低くなっているため、苦しさなどは感じないレベルです。
仰向けだけではなく、うつ伏せになったり、左右の横向けになったりしながら、全身をくまなく温めてあげることが重要です。

岩盤浴が解毒効果が高いと言われている理由は、岩盤浴に敷き詰められている天然石から放出される遠赤外線です。
遠赤外線は、肉体の表面部分ではなく、身体の芯まで温めてくれるため、血行がよくなり、血流が正常化でき、体内に蓄積された老廃物を排出してくれるというわけです。

その上、天然石から発せられるマイナスイオンも効果が期待出来ると言われている理由です。
マイナスイオンに関しては、体内に入ると基礎代謝を促進してくれます。
その上で、リラックス効果があり、免疫力を高めてくれるとも言われています。

粘ついた汗が出ない秘密

岩盤浴をすると分かるのですが、運動をした後のような粘り気の感じるような汗は出てきません。
これは、前述に説明した通り、マイナスイオンと遠赤外線の相乗効果によるものだと言われています。

この2つが組み合わされると、界面活性作用が起こり、汗の一つ一つが小さくなるのです。
汗が粘着くと感じるのは、汗の一つ一つの量が大きいからと言われています。

岩盤浴に入ると、前述の界面活性作用と、共鳴振動というダブルの効果で体内の毒素を効率良く、しかも気持よく排出することが出来るわけです。

運動をすることも悪くはないのですが、大量の汗がどっと噴き出るような運動をすると、肉体に必要なミネラル分まで外に排出してしまいます。
岩盤浴の場合には、前述にある通り、汗の分子が小さいので、皮膚からミネラルを再吸収してくれるのです。