デトックス効率の良い毒素排出で清々しい一日を過ごす

デトックスとは、体内に蓄積されている毒素を排出する行為のことをいいます。
現代人の生活環境には、自然と毒素を身体に蓄積させるような状況になっており、毒素を排出せず、そのままにしておくと、体調が毎日のように悪かったり、老化が早まったりするものです。

しかしながら、デトックスの方法は、いろいろと存在しているわけです。
ヨガやホットヨガなどという方法もありますし、岩盤浴や半身浴といった方法もありますが、何が一番効率が良いのかは気になるところでしょう。
ここでは、毒素を出すのに最も効率が良い方法を紹介していきましょう。

毒素はどうやって排出されるのか

毒素を体外へと排出するわけですが、人間の身体というのは、意識をしなくても、この解毒作業を行っているのをご存知でしょうか。
それを把握していれば、十分に効率の良い解毒方法を見つけることが可能になります。

排出される割合としては、排便が一番多く、毒素排出の75パーセントと言われています。
次に排尿で20パーセント。
これを考えると、ホットヨガなどで汗をかいて解毒をする方法は、あまり効率的とはいえないのではないでしょうか。

だとすれば、排便や排尿を促すような解毒方法をチョイスした方が、効率的な方法と考えるのが、正常な判断です。

腸内環境を整えること

前述にある通り、解毒作用の75パーセントは、排便によってもたらされることが分かりました。
排便を正常にさせるには、腸内環境を整えることが何よりも重要です。

ヨーグルトの乳製品を積極的に摂取し、善玉菌を増やしてあげること。
他にも乳酸菌のサプリメントを摂取すること。
そして昔から言われている食物繊維を積極的に摂取していくことなどになります。

ここで注意をして欲しいのは、食物繊維には、水溶性、不溶性、動物性といった種類があるということ。
不溶性の食物繊維を摂取すると、水分を含むことで膨張するため、食欲を抑制し、食べ過ぎを防止してくれます。
更に消化酵素を大量に分泌してくれる。
便の量を増加してくれるといった効果が期待出来ます。
大豆やしいたけ、ごまや玄米、ごぼうなどが代表的なものです。

水溶性は、りんごや柿。
海苔やこんにゃくといったもので、腸内で発酵をし、善玉菌を増やしてくれる食物です。

最後に動物性ですが、コレステロールや食品添加物といった毒素を吸着してくれて、体外へ放出してくれます。
キチンキトサンやコラーゲンといったものが代表的なものですから、覚えておきましょう。